景品規約

規約の構成







1条目 的 設定の趣旨(不当な顧客の誘引の防止並びに一般消費者による自主的かつ合理的選択及び公正な競争の確保)
2条適 用 適用範囲(日本国内において募集する募集型企画旅行に関して行う邦文の広告又はその他の表示)
3条表示の基本 可能な限り詳細かつ正確な情報提供
誤認を与えた場合に是正措置をとるのは当該広告を行った旅行会社
4条用語の定義 使用される用語の定義(事業者、募集型企画旅行、説明書面、募集広告、オプショナルツアー等)







5条説明書面の必要表示事項 説明書面については18項目の表示をする必要があります。
6条募集広告の必要表示事項 募集広告については11項目の表示をする必要があります。
7条特定事項の表示基準 写真・イラストの使用基準・旅行目的地の気候・気温等の表示基準・オプショナルツアー・付帯サービス・割引価格・温泉の表示基準
8条特定用語の使用基準 「最高級」・「当社だけ」等優位性、最上級等を意味する用語、「安全」・「安心」等安全を意味する用語、「確約」等の使用基準
9条比較広告の表示基準 自社の募集型企画旅行を、旅行の内容・取引条件等について他の事業者の特定の募集型企画旅行との比較を表示するときの表示基準












10条ホームスティツアー ホームスティツアーについて表示する場合の表示基準
11条モニター旅行 モニター旅行の表示要件(依頼事項、報告書の形式、枚数、提出時期、報酬と旅行代金の区分表示)









12条不当な二重価格表示の禁止 募集型企画旅行の旅行代金について、一般価格、通常販売価格等と比較した二重価格表示の禁止。実際に最近相当期間にわたって販売していた価格との比較はよい。値下げ表示の表示方
13条おとり広告 実際に実施できない旅行や実施の対象となり得ない旅行の表示の禁止等
14条不当表示の禁止 実際のものよりも取引の内容について著しく優良である又は取引の条件について著しく有利であると一般消費者に誤認されるおそれのある表示などの禁止










15条公正取引協議会の事業 規約の周知徹底、相談、指導、苦情処理、違反事実の調査等
16条違反に対する調査 違反事実に対する調査の手続
17条違反に対する措置 違反行為に対する措置の内容
18条違反に対する決定 措置の決定をする場合の手続
19条規則の制定 施行規則・運用基準を定めることができる旨及びその手続

※ 5 条~ 11 条についての不表示、あるいは誤表示により消費者が誤認した場合は不当表示にも問われる可能性が高い。

表示規約

  • 概要
  • 必要記載事項
  • 規約・施行内容・運用基準(PDF)
  • 規約(PDF)
  • 施行内容(PDF)
  • 運用基準(PDF)